令和ザファーストジェネレーション 感想 走り書き

毎年恒例となった仮面ライダーの冬映画
今年も観てまいりました。

今回はその感想を走り書きしていきたいと思います。

近年稀に見るきれいなクロスオーバーだった

仮面ライダーゼロワンのピンチに、ジオウ組が駆けつけるという展開で、非常にジオウ組の役割が分かりやすかったと思いました。
ソウゴがめっちゃ先輩してるけど、或人君めっちゃ年上だよね?ってのはあったけど、ジオウ組の安定感半端ない
ジオウに限らず、平成ライダーのクロスオーバーって、必ずしも先輩ライダーが先輩しているわけではなくて、ゴースト×エグゼイドみたいに、タケル君を永夢が助けたり、ダブル×オーズみたいに二人の関係が同等ぐらいの感じだったり、平成ライダーってそれぞれが濃ゆいから、先輩後輩の縦の関係ってそんなになかったんだなと感じました。
そうみると、今回のジオウ組がめっちゃ先輩してて(全員高校生なのにww)なんかこう戦隊のVSを見ている感じでした。

ちゃんとジオウ本編最終回からの地続きになっているのもよかった
何事もなかったかのように普通に出てくるものかと思っていたため、その辺の扱いは安心しました。

後、ちょい役で出てた、虹野明www

「仮面ライダーに原点も頂点もない」

まず、なぜソウゴから一号ライダーのアナザーライドウォッチが生成できたのかは謎ですが、ソウゴが発した「仮面ライダーに原点も頂点もない」という言葉は、少し時間が経ってから、自分の中に入り込みました。
メタ的な視点でいけば、仮面ライダーの原点は間違いなく一号で、頂点はスペック的には多分オーマジオウが該当する。
ソウゴはそこを否定しているわけではなくて、仮面ライダーの在り方というのは、仮面ライダーであるその人たちが決めるものであると思う。

鏡の中で自分の願いのために戦うライダー、地球外生命体と戦うための装備、街の人たちが半分こ怪人につけた呼称、高校生の中でうわさされる都市伝説、ダンスチームを守るための用心棒、止まった時間の中で唯一動ける機械生命体、ゲームクリアの鍵を握るレアキャラ、国が戦うための兵器などなど

仮面ライダーはそれぞれの時代、それぞれの世界観で概念として存在し、仮面ライダーの在り方は、紛れもないその世界のライダーたちが作り上げてきたものだ。
だから、その中には正義とは程遠い存在もいるけれど、仮面ライダーの力は決して悪のものではない。

そんなことを「仮面ライダーに原点も頂点もない」という発言から感じた。

1型のかっこよさ

今作限定ライダーの仮面ライダー1型
そもそもが、1号リスペクト全身に押し出したやばいデザインに加えて、其雄パパと或人の関係性が泣けた。
其雄が或人を育てたのと同様に、或人も其雄を育てていたんだなと感じた。
ハッキングされた降りして、自分の目的のために何年も敵側に付くとか、「オーズ・電王・オールライダー レッツゴー仮面ライダー」の1号2号かよと
もう、あの1型のベルト買いたいってなってしまった。
装動とか出たら絶対買おう。ゼロワンのグッズ興味なかったけど、1型のベルトは欲しい。

ウィルが提示しようとした問題

アナザーゼロワンとなったヒューマギアのウィル
ラストは、AIMS組に倒されたのなんか納得いかなかったけど、彼が提示してた疑問は大事な問題じゃなかったのかなと
ウィルはヒューマギアの労働に対する対価をどうするのかという疑問を持っていた。
映画では、アークの不具合で片付けちゃったけど(これもZAIAの1000%さんのせいなんだが)、ヒューマギアと人間が共存するうえでは避けられない問題だと思う。
今後、ヒューマギアの中に、シンギュラリティに達して、自分の労働に対しての対価について悩む個体が出てもおかしくないと思う。

これは、アークの意思がなくても、ウィルがアナザーライダーにならなくても、いずれは直面する問題だろうな

後、アナザーゼロワンは、史上で二人目の社長殺しアナザーライダーになりましたね(一人目は檀黎斗扮するアナザーオーズ)

2019年、やたら平成が強調されていましたが、それとは逆に、新時代の幕開けを謳う大変すごい映画だったと思います。
1型ベルト買うぞー(名前覚えろ)

仮面ライダー×仮面ライダー ドライブ×ゼロワン ロイミュードとヒューマギアについて考えてみた

先日、仮面ライダーゼロワンがスタートし、腹筋崩壊太郎、イズをはじめとしたヒューマギアの存在が世間に認知されました。 1話にしてヒューマギアの温かみと利用されることの恐ろしさが描かれ、ヒューマギア達がどんな運命をたどるのか …

綴れ!仮面ライダージオウ!感想 ~仮面ライダーがもっと好きになる~

仮面ライダージオウが先日最終回を迎えました。 ジオウ最終回放送当時、私は会社の研修でリアタイできなかったので、帰宅後の夕方に視聴。 その時は、頭が全く回っておらず、繰り広げられるラストバトルにただただ茫然と見ており、見終 …

山月記 感想 ~作品を公開させることの大切さを説いた作品~


※白い表紙に山月記が載っています。

最近、ブロガーやクリエイター界隈では「まず、作品(ブログ)を完成させること」が重要だという考え方を見かけるなと感じます。
山月記の主人公 李徴(りちょう)にも同じことを伝えたいと私は思います。

山月記の流れとしては、

  1. 詩人志望の李徴は、そこそこいい職に就いていたが、詩人として一旗揚げるために仕事を辞める
  2. 創作活動が行き詰まる
  3. 結局、就職する
  4. 自分が見下していた・相手にもしなかった人からこき使われる日々
  5. 発狂
  6. 気が付いたら、虎になった
  7. かつての親友 袁傪(えんさん)に再会する
  8. 袁傪に自分の詩を記録してもらい、家族の面倒を見てもらうように頼む

という感じ。
自分の作品を世に出すのが恥ずかしくて、虎になってしまい、人間だったころの記憶も次第になくしていくという
もし李徴が実在にいるとしたら、現実と理想の折り合いがつけられない相当めんどくさい男なんだろうなぁって感じます。
けれど、私も彼の気持ちはわかるような気がしてて、自分の才能を信じたくて、でも現実と向き合うのは怖いというか
なんか他人事とは思えないんですよね。
で、最初の話に戻りますが、ブログや創作物って、まず、ある程度完成させて世に送り出すのがいいと思うんですよね。
じゃあ、どこまでいけば完成なのかと言われれば人それぞれになるのですが、

私は5年間youtube,ニコニコ動画で動画投稿と配信活動をやってますが、いろいろと考えて考えて世に出した作品より、勢いでぺぺぺって創った作品の方が評価されたり、ぺぺぺって始めた物事や企画の方が長続きしたりするんですよね。
かつて投稿していた仮面ライダーアンケートシリーズやゲーム配信などはほぼ勢いで初めて、そのまま続いた活動です。
勢いで活動したら、いつの間にかhappa64という存在が色んな人に知れ渡ったという感じで、いろいろこだわっていたら今の自分はなかったかもしれません。
創作活動をする以上、自分の作品がけなされるとか悪く言われるというリスクを背負うのは怖いのはなんかわかる気がします。
けれども、自分の中では100点じゃなくても、取り合えず世に出してみるというのをやってみてはいかがでしょうか(p://happa64.xyz/wp-content/uploads/2019/08/EBrW6eCUwAE3RoT.jpg” alt=”” width=”2048″ height=”1152″ class=”aligncenter size-full wp-image-1079″ />
※白い表紙に山月記が載っています。

最近、ブロガーやクリエイター界隈では「まず、作品(ブログ)を完成させること」が重要だという考え方を見かけるなと感じます。
山月記の主人公 李徴(りちょう)にも同じことを伝えたいと私は思います。

山月記の流れとしては、

  1. 詩人志望の李徴は、そこそこいい職に就いていたが、詩人として一旗揚げるために仕事を辞める
  2. 創作活動が行き詰まる
  3. 結局、就職する
  4. 自分が見下していた・相手にもしなかった人からこき使われる日々
  5. 発狂
  6. 気が付いたら、虎になった
  7. かつての親友 袁傪(えんさん)に再会する
  8. 袁傪に自分の詩を記録してもらい、家族の面倒を見てもらうように頼む

という感じ。
自分の作品を世に出すのが恥ずかしくて、虎になってしまい、人間だったころの記憶も次第になくしていくという
もし李徴が実在にいるとしたら、現実と理想の折り合いがつけられない相当めんどくさい男なんだろうなぁって感じます。
けれど、私も彼の気持ちはわかるような気がしてて、自分の才能を信じたくて、でも現実と向き合うのは怖いというか
なんか他人事とは思えないんですよね。
で、最初の話に戻りますが、ブログや創作物って、まず、ある程度完成させて世に送り出すのがいいと思うんですよね。
じゃあ、どこまでいけば完成なのかと言われれば人それぞれになるのですが、

私は5年間youtube,ニコニコ動画で動画投稿と配信活動をやってますが、いろいろと考えて考えて世に出した作品より、勢いでぺぺぺって創った作品の方が評価されたり、ぺぺぺって始めた物事や企画の方が長続きしたりするんですよね。
かつて投稿していた仮面ライダーアンケートシリーズやゲーム配信などはほぼ勢いで初めて、そのまま続いた活動です。
勢いで活動したら、いつの間にかhappa64という存在が色んな人に知れ渡ったという感じで、いろいろこだわっていたら今の自分はなかったかもしれません。
創作活動をする以上、自分の作品がけなされるとか悪く言われるというリスクを背負うのは怖いのはなんかわかる気がします。
けれども、自分の中では100点じゃなくても、取り合えず世に出してみるというのをやってみてはいかがでしょうか(お前はもっと作品に魂込めろと言われるかもしれませんがww)?

仮面ライダージオウ 46話 感想 アクア、エターナル、白ウォズ、タイムジャッカーについて

ここ最近の仮面ライダージオウについて語りたいことがあったので、ブログにまとめます。 アクアについて 変身の時に、チャリーンってメダル音がなるのがめっちゃ好きでした。 アクアと言えば、オーズ&フォーゼの映画で出て …