仮面ライダー×仮面ライダー ドライブ×ゼロワン ロイミュードとヒューマギアについて考えてみた

先日、仮面ライダーゼロワンがスタートし、腹筋崩壊太郎、イズをはじめとしたヒューマギアの存在が世間に認知されました。 1話にしてヒューマギアの温かみと利用されることの恐ろしさが描かれ、ヒューマギア達がどんな運命をたどるのか …

綴れ!仮面ライダージオウ!感想 ~仮面ライダーがもっと好きになる~

仮面ライダージオウが先日最終回を迎えました。 ジオウ最終回放送当時、私は会社の研修でリアタイできなかったので、帰宅後の夕方に視聴。 その時は、頭が全く回っておらず、繰り広げられるラストバトルにただただ茫然と見ており、見終 …

山月記 感想 ~作品を公開させることの大切さを説いた作品~


※白い表紙に山月記が載っています。

最近、ブロガーやクリエイター界隈では「まず、作品(ブログ)を完成させること」が重要だという考え方を見かけるなと感じます。
山月記の主人公 李徴(りちょう)にも同じことを伝えたいと私は思います。

山月記の流れとしては、

  1. 詩人志望の李徴は、そこそこいい職に就いていたが、詩人として一旗揚げるために仕事を辞める
  2. 創作活動が行き詰まる
  3. 結局、就職する
  4. 自分が見下していた・相手にもしなかった人からこき使われる日々
  5. 発狂
  6. 気が付いたら、虎になった
  7. かつての親友 袁傪(えんさん)に再会する
  8. 袁傪に自分の詩を記録してもらい、家族の面倒を見てもらうように頼む

という感じ。
自分の作品を世に出すのが恥ずかしくて、虎になってしまい、人間だったころの記憶も次第になくしていくという
もし李徴が実在にいるとしたら、現実と理想の折り合いがつけられない相当めんどくさい男なんだろうなぁって感じます。
けれど、私も彼の気持ちはわかるような気がしてて、自分の才能を信じたくて、でも現実と向き合うのは怖いというか
なんか他人事とは思えないんですよね。
で、最初の話に戻りますが、ブログや創作物って、まず、ある程度完成させて世に送り出すのがいいと思うんですよね。
じゃあ、どこまでいけば完成なのかと言われれば人それぞれになるのですが、

私は5年間youtube,ニコニコ動画で動画投稿と配信活動をやってますが、いろいろと考えて考えて世に出した作品より、勢いでぺぺぺって創った作品の方が評価されたり、ぺぺぺって始めた物事や企画の方が長続きしたりするんですよね。
かつて投稿していた仮面ライダーアンケートシリーズやゲーム配信などはほぼ勢いで初めて、そのまま続いた活動です。
勢いで活動したら、いつの間にかhappa64という存在が色んな人に知れ渡ったという感じで、いろいろこだわっていたら今の自分はなかったかもしれません。
創作活動をする以上、自分の作品がけなされるとか悪く言われるというリスクを背負うのは怖いのはなんかわかる気がします。
けれども、自分の中では100点じゃなくても、取り合えず世に出してみるというのをやってみてはいかがでしょうか(p://happa64.xyz/wp-content/uploads/2019/08/EBrW6eCUwAE3RoT.jpg” alt=”” width=”2048″ height=”1152″ class=”aligncenter size-full wp-image-1079″ />
※白い表紙に山月記が載っています。

最近、ブロガーやクリエイター界隈では「まず、作品(ブログ)を完成させること」が重要だという考え方を見かけるなと感じます。
山月記の主人公 李徴(りちょう)にも同じことを伝えたいと私は思います。

山月記の流れとしては、

  1. 詩人志望の李徴は、そこそこいい職に就いていたが、詩人として一旗揚げるために仕事を辞める
  2. 創作活動が行き詰まる
  3. 結局、就職する
  4. 自分が見下していた・相手にもしなかった人からこき使われる日々
  5. 発狂
  6. 気が付いたら、虎になった
  7. かつての親友 袁傪(えんさん)に再会する
  8. 袁傪に自分の詩を記録してもらい、家族の面倒を見てもらうように頼む

という感じ。
自分の作品を世に出すのが恥ずかしくて、虎になってしまい、人間だったころの記憶も次第になくしていくという
もし李徴が実在にいるとしたら、現実と理想の折り合いがつけられない相当めんどくさい男なんだろうなぁって感じます。
けれど、私も彼の気持ちはわかるような気がしてて、自分の才能を信じたくて、でも現実と向き合うのは怖いというか
なんか他人事とは思えないんですよね。
で、最初の話に戻りますが、ブログや創作物って、まず、ある程度完成させて世に送り出すのがいいと思うんですよね。
じゃあ、どこまでいけば完成なのかと言われれば人それぞれになるのですが、

私は5年間youtube,ニコニコ動画で動画投稿と配信活動をやってますが、いろいろと考えて考えて世に出した作品より、勢いでぺぺぺって創った作品の方が評価されたり、ぺぺぺって始めた物事や企画の方が長続きしたりするんですよね。
かつて投稿していた仮面ライダーアンケートシリーズやゲーム配信などはほぼ勢いで初めて、そのまま続いた活動です。
勢いで活動したら、いつの間にかhappa64という存在が色んな人に知れ渡ったという感じで、いろいろこだわっていたら今の自分はなかったかもしれません。
創作活動をする以上、自分の作品がけなされるとか悪く言われるというリスクを背負うのは怖いのはなんかわかる気がします。
けれども、自分の中では100点じゃなくても、取り合えず世に出してみるというのをやってみてはいかがでしょうか(お前はもっと作品に魂込めろと言われるかもしれませんがww)?

仮面ライダージオウ 46話 感想 アクア、エターナル、白ウォズ、タイムジャッカーについて

ここ最近の仮面ライダージオウについて語りたいことがあったので、ブログにまとめます。 アクアについて 変身の時に、チャリーンってメダル音がなるのがめっちゃ好きでした。 アクアと言えば、オーズ&フォーゼの映画で出て …

妄想仮面ライダー『仮面ライダーヒョウガ』

仮面ライダージオウの未来編にて未来の仮面ライダーが複数登場しましたので、私も「こんな仮面ライダーいたら面白いよなー」という想いでちょっと考えてみました。 その名もずばり『仮面ライダーヒョウガ』 といっても世界観や敵など考 …