こんにちは。
焼肉の写真をみる度に焼肉が食べたくなるはっぱちゃんです。
今回は、ラインスタンプを作ってみたので、宣伝も兼ねて情報を共有したいと思います。

私は普段、ゆっくり解説のYoutubeチャンネルを運営しています。
(チャンネルはこちらのリンクをタップorクリックしてみてください。)
はっぱちゃんのゲーム部屋

そんなYoutubeチャンネル全く関係ないラインスタンプを作ってみました。
120円で買えるので、お金がある方は是非購入して使ってあげてくださいm(__)m

以下リンクをタップorクリックしてください!
[どんかんなにわとりさん]

ということで、今回はラインスタンプを作った理由から、どうやって作ったのかまでざっくり解説していきたいと思います。

ちなみに、今回の記事もアフィリエイトも含んでいます。
楽天のリンクやペイントツール関連のリンクを貼っておくので興味がある方は覗いてみてください。
(ぜひそこからサービスを利用してください。私のお小遣いになります。お願いします。)

【スポンサーリンク】

【あす楽・ラッピング対応】XPPen Artist12 11.6インチ液晶ペンタブレット PDFの文章にマーカーやメモを取るオンラインレッスンに使う液タブ

価格:21,998円
(2022/8/14 22:33時点)
感想(536件)

【あす楽・ラッピング対応】XPPen ペンタブ Deco01 V2 傾き検知機能 バッテリー充電不要 8192レベル筆圧 10×6.25インチ エクスプレスキー8個 2019イラストコンテスト限定記念品

価格:6,500円
(2022/8/14 22:33時点)
感想(887件)

どうして作ったのか?

まずは、何故ラインスタンプを作るに至ったのかについてお伝えします。
まず、父が飼い犬のラインスタンプを二セットほど作成しており、身内に売っていたのを見たんですよね。
んで、私もラインスタンプ作ってみたいと思い立ったわけです。

ちなみに、父が作ったラインスタンプを貼っておきますので、以下リンクをタップorクリックしてください。

[プー太君といっしょ]

[プー太くん]

アフィリエイトブログもYoutubeもやっているけど、まだ収益ゲットしてないし、やってみたいと思ったことはやってみようと思いましてね。

「lineスタンプ作り方」で検索すると記事がわんさか出てくるので、参考にした記事貼っておきますね。

【LINEスタンプ作成】おすすめ – LINEスタンプ作ろう

LINEスタンプの作り方と12万個売れたアイデアの出し方を解説

【スポンサーリンク】


どうやって作ったのか?

ということで、上に書いたリンクを参考にラインスタンプを作りました。
流れとしては、

  1. 画像を必要数作成
  2. LINE Creaters Marketに登録する
  3. 申請する

画像を必要数作成

画像を必要枚数作成します。
コンセプトもへったくれもなかったので、とりあえず「干支えーっと」というダジャレが浮かんだので、干支の動物の絵を描いていきました。
その中で、寝坊した鶏を描いたのですが、この落書きがなんか気に入ったのでこの鶏を拡げる方向で描き進めました。

必要な画像は以下の通りです。

  • スタンプ用画像(W370*H370):8個・16個・24個・32個・40個
  • タブ用画像(W96*H74):1個
  • メイン用画像(W240*H240):1個

[販売画面]※メイン用画像はここで使われると思われます。

[使用するときの画面]※タブ用画像はここで使われると思われます。

使うお絵描きツールについてですが、指定された大きさの画像が出力できればなんでもいいと思います。
私はfire alpacaという無料ツールを使って作りました。youtubeのサムネもこれで作っています。

こういうクリエイトする場合は、アドビ製品の方が使いやすいとは思いますが、毎月の支払いが高い為、どうにかお金を払わない方法で画像作成することはできないかとツールを探していました。

その点、fire alpaca はずっと無料ですし、ある程度のクオリティの画像なら作成可能です。
スマホアプリ版はなく、PC版のみなので使用を検討する場合は注意してください。

今回の場合は、下書きを読み込んで、レイヤーを重ねて、その上からマウスでゴリゴリ描きました。
二次創作と異なり、全くの無からキャラクターの色を決めていくので、複数の色を見ながら考えました。
考えたというより、これだと変じゃないかな?という理由で色を選んでましたね。

fire alpacaはこちらからDL
fire alpaca

そして、今回はけいふぉんとというフリーフォントを使用しました。
けいふぉんとの利用規約をしっかり読んだ上で商用利用可能と判断して使いました。
※けいふぉんとは、他のフォントも参考にしているとのことだったので、参考フォントの利用規約も読みました。

作った上で申請を出してみたのですが、ここですこーし躓きました。

まず、タイトルと説明文は英語が基本で、必要であれば日本語含む言語を追加していくスタイルです。
私は考えていたタイトルと説明文はGoogle翻訳で英語に翻訳したものを入力しましたが、ここで躓くことはありませんでした。

申請から一日足らずで審査結果をもらえるのですが、一度リジェクトされます。
原因は、スタンプに使う予定だった画像に「処す?」と書いてあったことが引っかかったようです。

セリフを変更して再申請したところ無事に販売されました。
プレミアム会員はタダで使えるように申請しましたが、こちらは来年の3月からになるとのこと。

【スポンサーリンク】


作ってみてどうだったのか?

作ってみた感想としては、「楽しかった」の一言に尽きます。
売り上げは全く期待はできませんが、ラインスタンプを構想を考えて販売したという体験をできたのは大きかったです。
後は、使うにあたって、挨拶系やイベント系は必須なんだなと思いました。

早速弟が買ってくれたのでお礼を言いたかったのですが、今回のスタンプに「ありがとう」を入れてなかった為、他のスタンプで代用することになりました。

次何かスタンプを作るときは、挨拶系やイベント系もしっかり組み込んでいきたいと思いました。
クリエイターズマーケットでは、何個かキャンペーンもやっているみたいなので、締め切りに合わせて色々考えてみたいと思います。

まとめ

ということで、今回はLINEスタンプを作った方法や感想等をざっくり共有させて頂きました。
LINEスタンプ制作を一通り経験できたことは大きな価値だなと思うと同時に、LINEスタンプを売るのは難しいなと感じました。
今後もこういったビジネスにチャレンジしていきたいと思いました。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

【スポンサーリンク】


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください