自室の畳が凹んでいるので週末に大掛かりなDIYをすることになったはっぱちゃんです。
今回の動画では、MOTHER2のレアアイテムについて解説しています。
9/9(金) 19:00~より投稿します。

サムネ タイトルなし

サムネ タイトルあり

URL
https://youtu.be/mzirgbIfTjA

今回の編集後記では、MOTHER2のレアアイテムについて解説しようかなと思っています。
一個一個のアイテムの解説は既に他の先駆者たちがやっているので、アイテム収集にあたって感じたこと等を書き連ねようと思います。

目次です。

ちなみに、このブログはアフィリエイトも含んでいます!!!
中古ショップや楽天リンクのリンクを貼っておくので興味がある方は覗いてみてください。
(できればァ!!そこからサービスをォ!利用してくださいァイ!!!!私のォ!お小遣いにィ!なりまァす!!!!!)

【スポンサーリンク】


レアアイテムについて

下記サイトを参考に探しましたが、ゲーム中のレアアイテムは11種類あります。

参考サイト
https://cour89.com/mother2/tips/drops.php

そこから厳選して、今回狙うレアアイテムは8種類。
以下の通りです。

狙わないアイテムは、ミイラのほうたい、メテオニウム、メテオタイトの三種類です。
狙わなかった理由としては、他8種類よりも希少価値が低いからです。
ミイラのほうたいは、期間限定の敵キャラであるしばきひびわれとひびわれおとこが1/2の確率でドロップします。
また、メテオニウム及びメテオタイトは複数の敵がドロップします。
そのため、今回は11種類中8種類狙うことにしました。

レアアイテム収集にあたって、Switchの巻き戻し機能を活用しました。
以下の順序で行いました。
①対象の敵に遭遇→②アイテムのドロップを確認→③巻き戻し機能で遭遇前まで戻す→④メニューを開いて乱数調整→⑤再度遭遇→⑥①~⑤を繰り返す

ちなみに、④のメニューを開いて乱数調整する際は、メニューを開いた状態でPSIの説明を見たり、ステータスを見たり、グッズの説明を見たりしました。
が、実際はメニューを開くだけで乱数が動くようなので、完全に余計なアクションでしたね。
SFC実機で厳選するとなると地獄のような作業量になったと思います。
マップによっては遭遇すら難しい敵キャラもいますし、マップ上の見た目が全部同じ(炎とかひし形の立体物だったりとか)だったりするので、巻き戻し機能がなければ一週間で動画化はできなかったでしょう。
先駆者様の動画では、何時間も粘っていたし、パパから何回も電話がかかってきたりしていたので、技術の進歩に感謝です。

また、過去MOTHER3のレア装備動画を投稿していました。
こちらでは、WiiUVCで厳選していましたが、2と異なって固定シンボルなので、厳選が気持ち楽でしたね。

https://youtu.be/pHFT4h0ncCM

【スポンサーリンク】

【中古】GBAソフト MOTHER3

価格:10,150円
(2022/9/8 16:57時点)
感想(13件)

ファラオの呪い

ファラオの呪いは、のろいのえもじとスネークえもじがドロップします。
消費アイテムで、エクトプラズムみたいなのが出てきて敵を毒状態にします。
(ポケモンのナイトヘッドみたいな原理だと思ってます)
のろいのえもじは1/16、スネークえもじは1/32の確率です。
この二体のモンスターは、ピラミッド攻略中限定で出現します。
ピラミッドを攻略が完了する(プーが一時離脱したところまでと思われる)と二度と出現しなくなる為、欲しい人は粘った方がいいでしょう。

二体の敵からドロップする為、他のアイテムよりは時間がかからない印象です。

おうじゃのつるぎ

おうじゃのつるぎは、スーパースターマンがドロップします。
プーの専用武器で、攻撃力がアップします。
プーの武器はこのアイテムだけなので、プーの装備を完備したい場合は頑張って粘りましょう。
スーパースターマンは、ストーンヘンジ基地にのみ出現する敵で、同じくクリアすると二度と出現しなくなります。
また、確率が1/128なので、狩りすぎてネスのレベルがカンストしないように気を付けましょう(この時点でレベルがカンストすると終盤のパワースポットの恩恵を受けられなくなるらしい)。
戦闘では、ビームを撃ってきたり、サイコシールドβを最初から張っていたり、ヒーリングΩで敵を復活させたりする強敵です。

プーの専用武器をドロップするだけあって、印象に残っているプレイヤーはいるんじゃないかなと思っています。

スーパースプレー

スーパースプレーは、マッドタクシーがドロップします。
誰でも使用可能で、虫系の敵に大ダメージを与えることが可能です。
このアイテムを使うより殴った方が速いと思うので、コレクター用アイテムになることが多いと思います。
マッドタクシーはサマーズやフォーサイドに出現します。
レベルが低いといきなり町中で襲ってくる恐ろしい強敵ですが、レベルが高いと逃げていってしまいます。
割と逃げ足が速いので、追いかけるのが大変になるかも知れませんね(笑)
先駆者様は、テレポートαを使って追いかけてました。
バトルでは、暴走してきたり、排気ガスを吐いてきたりします。
排気ガスを喰らうと涙状態になります。喘息の発作がでることがないのでご安心を(笑)

こわれたパラボラ

こわれたパラボラは、ぶきみボールがドロップします。
ジェフが修理すると、ガイアビームという最強装備になります。
ジェフは攻撃するより、スーパーバズーカやペンシルロケット20を使った方が強い為、こちらもコレクター向けの装備になります。

ぶきみボールは、ルミネホール前のダンジョンに出現します。
戦闘では、PKファイヤーα、βを放ったり、サイコシールドαを張ったりします。
狂ったように笑うと味方一人をへん状態にするのもなかなか厄介です。
倒すと大爆発するので体力には余裕をもっておきたいですね。

ふしぎなフライパン

ふしぎなフライパンは、ハラペコザウルスがドロップします。
ハラペコザウルスは地底大陸にのみ出現して、PKファイヤーα、β、γや威力の高い物理攻撃、シールドβを最初から張っている強敵です。
1/128の確率でドロップします。
ポーラの専用武器で、ガッツが100アップしますが、外す確率が上がるので、てんしのフライパンの方が個人的に使い勝手がいいです。
これもコレクター専用アイテムのような感じがします。

ハラペコザウルスを狩るのは大変ですが、地底大陸ののほほんとしたBGMのお陰でそんなに辛くはないかなーって感じです。
やっぱ恐竜は男の子のロマンですね。

ほしのペンダント

ほしのペンダントは、PKおとこ・かくうえが1/128の確率でドロップします。
PKおとこ・かくうえは、ファイアスプリングに出現して、PKファイヤーβ、γを撃ってきたり、サイコシールドΩを張ったり、パラライシスαを使ってきます。
マップ上のシンボルが炎しかないため、エンカウントするまで正体がわからないのが多少めんどくさいです。

ほしのペンダントは、PKファイヤー、PKフリーズ、PKフラッシュ、パラライシスを防ぐことができ、全キャラ装備可能です(プーのみ防御が下がります)。
ファイアスプリングで拾えるうみのペンダントの上位互換なんですが、パラライシスを防ぐ敵が後半あまり出てこないので、あまり要らないという意見もありました。
無理してまで全員分集める必要なないかと思われますが、ほしのペンダントという響きがおしゃれなので、粘ってもいいアイテムだと思います。

めがみのリボン

めがみのリボンは、スターマン・センゾが1/128の確率でドロップします。
スターマン・センゾは、侵略後のオネットか過去の最低国に出現します。
開幕早々PKスターストームαを撃ってきますので、早めにサイコシールドΩを張って対抗したいですね。
高笑いした後、三つカウントした後にPKスターストームΩを撃ってきます。撃たれる前に倒してしまいたいですね。

めがみのリボンはポーラの専用装備で、ディフェンスがアップ。他に大きな効果はありません。
侵略後のオネットも過去の最低国もスターマン・センゾの他に沢山強敵がいるので、狩るのはめちゃくちゃ大変です。

ガッツのバット

ガッツのバットは、クラーケンバイオが1/128の確率でドロップします。
クラーケンバイオは過去の最低国に出現します。
スターマン・センゾとは異なり、単体でのみ出現します。そのため、対処が楽かと思いきやそんなことはないです。
戦闘では、PKフラッシュβを使ってきたり、青白い光でPSIを無効化したり(シールドを消したりやディフェンス、オフェンスをもとに戻す)、全体攻撃として竜巻、火炎、バチバチ(電撃)攻撃をしたりします。
PKフラッシュ以外はPSIではないため、サイコシールドΩで防ぐことができないです。
竜巻のみシールドで跳ね返せましたが、炎、バチバチ攻撃は防げないのでかなりきっついです。

ガッツのバットは、ガッツが127アップします。
でんせつのバットよりオフェンスが上がりませんが、SMASHの確率がアップします。
ここまで来ると残るはギーグのみになるので正直どちらでもよいですが、レアアイテムコンプ勢にとっては外せない逸品だと思います。

クラーケンバイオは出現することが稀な為、実機で厳選するにはかなりの労力がかかると思います。

まとめ

ということで、今回はMOTHER2のレアアイテムについて書きました。
実機で粘っていた先駆者様の動画を見ていると、一個一個のアイテムに対してかなり時間がかかっていたのを見ると、ニンテンドースイッチオンラインの巻き戻し機能を用いた厳選がクッソ楽に感じます。

もし実機で厳選していたら、一週間弱で動画化まではいけなかったと思います。

次の動画は何にしようかな、MOTHERシリーズで爆発する敵キャラ特集とかMOTHER2写真家特集とかMOTHER2ユニークなアイテム特集とかやってみたいですね。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

【スポンサーリンク】




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください